ニキビ跡消す > ニキビ跡消す~肌の酸化とニキビの関係~

皮脂の酸化からどうやってお肌を守れば良いの?

ニキビ跡消す~肌の酸化とニキビの関係~

メイクをしたまま放置していたり、肌に長時間化粧品の油脂や汚れが残っていると皮脂の酸化が進行していきます。(過酸化脂質)そしてその結果、ニキビを発生させてしまう原因になるのです。

ただ、皮脂自体がニキビを作ると言うのではなく、皮脂は本来、皮膚を保護する役目もあります。でも、その皮脂は、酸化する性質がある為、誤ったケアや肌が汚いまま放置してしまうと肌表面で、酸化をし始めるのです。

そして、酸化させないように、洗顔回数や頻度にも注意しましょう。いくら皮脂を落としたいからと言っても、本来必要最低限な皮脂まで取り除いてしまっては、本末転倒です。もちろん、ニキビ跡消す化粧水を使えばそれなりのスキンケアはできますが、できればニキビ自体は作りたくないものです。とはいえ、ニキビに悩んでいる人からすると、つい過剰に洗顔をしたりしがちですよね。

でもそれは、かえって肌のバリア機能が正常に保てなくなり、肌を乾燥から守る為に余分な皮脂まで作り出してしまうので、結果的に、肌表面には余分に作られた皮脂が残り肌内部は乾燥したままとなる恐れがあります。

角質は、肌の乾燥による水分の蒸発から守ろうとして、厚みを増していきます。そして、その厚みを増した角質層は、毛穴が詰まりやすい状態になっており、=大人ニキビが出来やすくなっていると言う悪循環に陥ります。

ニキビが出来ないようにする為にも、過剰な回数の洗顔はNGです。また、肌表面はオイリーだけど、部分的な乾燥も気になるような時は洗顔の回数を確認しましょう。

理想の回数は、朝晩の1日2回です。どうしてもその間で汚れ等が気になって洗顔する場合でも1日3回までにして下さい。

特に乾燥肌の人は、夜に洗顔をちゃんとしておけば朝はぬるま湯で洗顔するだけでも問題がないケースもあります。当然ですが、メイクはその日のうちに必ず落とすようにして下さいね。長時間ファンデーション等が肌に残っていると、ニキビを作ってしまう原因になりかねませんからね。

洗顔の際は、あくまでも優しく洗いましょう。決してごしごしときつくこするような洗い方はしないで下さい。肌に強い負荷をかけてしまうと、それが刺激になりニキビを作ってしまう事もありますので洗顔後、タオルでふくときも、こすったりせず軽くポンポンと押すようにして、拭き取るようにしましょう。